取得率は90%以上

運転

小型船舶免許やボートの操縦には免許が必要になります。これらを操縦するには、「船舶免許」という名称の免許を所持していなければなりません。そしてこの船舶免許にもいくつかの種類があります。どの種類の免許を所持しているかによって、操縦できる船の大きさや航行区域が異なってきます。また、受講年齢や取得年齢なども免許の種類によって異なります。性別や乗船履歴は一切問われないので、受講年齢や取得年齢などをクリアしていれば何の問題もなく取得に臨むことができます。

船の操縦は、至ってシンプルです。「車の運転よりも簡単」と表現する人もいるくらいです。実際船の操縦はとても簡単で、操縦は基本的に「前進と」「後進(バック)」のみです。車のようにブレーキが無く、またギヤも前進とバックの2種類しかありません。もちろん方向変換などもありますが、そこまで難しくはありません。船舶免許の資格試験に挑む際には、これらの操縦方法や船に関する最低限の知識を頭にしっかり入れておきましょう。船舶免許の取得率は90%以上と、かなり高めです。試験当日は、受験票だけでなく、筆記用具や復習用の教材を忘れずに持っていくようにしましょう。1級試験に挑む人は、コンパスや三角定規、ディバイダーなども持っていく必要があります。普段メガネやコンタクトレンズを使用している人は、これらも忘れないよう十分注意しましょう。試験が終了しても安心しきらず、5分前になったら一度見直しを行なうようにしましょう。