必要な書類やアイテム

自動車

免許合宿は、現在ほとんどの教習所が行なっています。教習所によって免許合宿の利用料金は異なりますが、だいたい20~23万円と考えてよいでしょう。格安料金で販売しているところは、20万円よりも安い価格で販売しています。これはあくまで普通自動車(AT車)の料金なので、他の車種の料金面に関しては申し込み前にチェックしておきましょう。また、保険に関する内容もしっかり目を通しておきましょう。保険に関する詳しい情報は、教習所の公式WEBサイトに掲載されているので料金面同様に事前にチェックしておくようにしましょう。

免許合宿に参加する際は、申し込み時にいくつかの書類を用意しておく必要があります。すでに何らかの車種の運転免許を持っている人は、運転免許証を、運転免許証を持っていない人は本籍地が記載されている住民票と本人確認書類を用意しましょう。外国籍の人は、在留カードと住民票、そして本人確認書類を用意しなければなりません。ここで言う本人確認書類とは、健康保険の被保険者証、パスポート、住民基本台帳カードのことを表しています。この3つのうちいずれかの原本を用意しましょう。書類に関しては以上で、あとは健康保険証や筆記用具、そして合宿期間を過ごす上で必要となる生活用品や衣服類を用意します。免許合宿のプランによって教習所側や宿泊施設側が用意するものに違いが出てくる場合があるので、「これは持っていったほうがいいのかな」と疑問に思うことがあれば、事前に聞いておくとよいでしょう。